TOPへ戻る

TOPへ戻る

矯正歯科

矯正治療(中学生以上)について

当院では中学生以上を対象にワイヤー矯正やインビザラインによるマウスピース矯正を行っています。

ワイヤー矯正について

従来からある矯正方法で歯の表面にブラケットと呼ばれる小さな装置を接着し、金属のワイヤーを通して歯並びを整えます。
※当院では透明のセラミックブラケットを使用しております。

歯を一本一本こまかく動かすことができるのがメリットで、ほぼすべての矯正治療に対応できます。 デメリットとして装置の取り外しができないため、虫歯や歯周病にならないよう矯正治療中は時間をかけて丁寧に歯磨きを行っていただく必要があります。通常月に1回の通院で治療期間は2年から2年半程度です。

部分矯正について

前歯など気になるところだけを短期間で治したい方に適しています。部分矯正に適したマウスピース、もしくはブラケットを使用します。

患者様それぞれのご希望をお伺いした上で、最適な治療方法をご提案いたします。

メリット デメリット
治療期間が半年~1年程度と短く、費用が抑えられる点 かみ合わせに大きく支障が出る場合や、歯を並べるスペースが足りない場合は適応できない点

 

インビザラインについて

「誰にも気づかれずに治療したい」そんなあなたの悩みを解決します。

「誰にも気付かれずに治療したい」そんなあなたの悩みを解決します

矯正治療を受けることをためらってしまう原因のひとつには、「装置が目立つこと」があります。「目立つ装置を付けたまま会社や学校に行くのは気が引ける」という方も少なくないのではないでしょうか。インビザライン・システムは、米国のアライン・テクノロジー社で1997年に開発された、取り外し可能なマウスピース型の矯正装置(アライナー)で、薄く透明なプラスチックでできているため、装着していても目立たないのが大きな特徴です。3Dモデルのデータを使って歯の移動を三次元的にシミュレーションした上で、最適な治療計画を立てアライナーを作製します。

世界ではすでに600万人以上の方がインビザラインによる矯正治療を受けており、従来の矯正方法に抵抗のある方にとっての選択肢として選ばれています。

インビザラインによる矯正治療

インビザライン01 インビザライン02 インビザライン03

インビザラインのアライナーは、就寝時も含み1日20時間以上装着していただきます。
約2週間ごとに次のステップのアライナーにつけ替えることで、少しずつ歯を動かしていきます。治療完了までに使用するアライナーの数は、ケースによって異なります。数が多いほど治療完了まで時間がかかりますが、平均して2年ほどで歯並びを整えることができます。

治療期間中は約1〜3ヵ月に1回の頻度でご来院いただき、アライナーと歯の適合性やお口の状態をチェックし、次のアライナーをお渡しします。インビザラインはアライナーの装着時間が治療結果に大きく影響を与えるため、患者さまご自身での管理が必要となる治療です。

しかしながら、『装置の見た目・痛み・治療中の快適さ』のどれをとってもほかの矯正治療にはないメリットが多くあります。

インビザラインの長所

透明なため目立ちにくい 薄く透明なマウスピース型の装置のため、装着していてもほとんど気づかれることはありません。
金属アレルギーのリスクがない 金属製の矯正装置の場合は金属アレルギーを引きおこす可能性がありますが、インビザラインはポリウレタン製なので金属アレルギーのリスクはありません。
普段通りに食事ができる 従来の矯正装置では、装置の破損を防ぐため硬い物や粘り気がある物は避ける必要がありました。インビザラインの場合、食事中には取り外せるので、制限なく普段通りに食事を楽しめます。
痛みがほとんどない インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと細かく設定されているため、従来の矯正治療と比較して痛みが少なくなっています。またアライナーの当たりによる粘膜の痛みもほとんどありません。
※個人差があります。
口腔内のお手入れが簡単 インビザラインは取り外し可能で、普段通りブラッシングやフロスの使用ができるので、口腔内を健康に保ちやすくなります。
治療期間が比較的短くて済む 目標となる歯の位置まで最短距離で歯を動かしてくため、ケースによっては従来のブラケット矯正に比べて治療期間が短くなります。
治療完了までの歯の状態が
イメージしやすい
治療前に歯が動いていく過程をシミュレーションするため、治療が終わるまでの歯の状態を想像しやすくなります。

 

インビザラインの2つの特徴

1.透明で目立たない

インビザラインは、日常生活にほとんどストレスなく生活することができます。

2.オーダーメイドの矯正装置

患者さまそれぞれの状況に最適な装置をオーダーメイドで作成します。

 

 

インビザラインティーン

10代のお子様に対応した「インビザライン・ティーン」

インビザラインティーン

目立ちにくい、痛みが少ない、お口を清潔な状態に保つことができるなどのメリットに加えて、従来の矯正装置のデメリットでもあったスポーツや吹奏楽などの活動にほとんど制限がなく、普段通りに近い生活を送ることが可能です。アライナー使用時間のご協力が得られれば、10代のお子様のライフスタイルに非常に適したシステムです。
※13歳以上のお子様に対応可能です。

インビザライン治療の注意点

すべての症例に適応可能な訳ではない
~非適応症例~

インビザライン治療には、適応できる症例とできない症例があります。以下では適応が難しい症例・不可能な症例をご紹介します。

■ 歯の生え方が著しく凸凹な場合

歯並びが大きく乱れており、歯を動かさなければならない距離が長かったり、歯根を動かす必要があったりする場合は適しません。ただし、ブラケット治療と併用することで適応できるようになります。
※歯根を移動させる段階ではブラケットを使用し、それ以外の段階ではインビザラインを用います。ブラケットのみで矯正するより、併用した場合の方が治療期間は短くなります。

■ 上下の顎の位置がズレている場合

顎の骨格に前後・左右へのズレがある場合は、インビザラインを使用することはできません。

■ 第二大臼歯がまだ生えていない場合

お子様でもインビザラインによる矯正は可能ですが、第二大臼歯がまだ生えていない状態では、理想的な効果を得ることができません。個人差はあるものの、中学生以降になれば第二大臼歯が生えていることが多いため、その場合はインビザラインによる矯正が可能です。

 

矯正相談受付中

ライカムデンタルクリニックの無料矯正相談 受付中

★ 初回 相談無料

初回矯正相談は無料となっております。
事前に問診・検査(歯型、レントゲン撮影)が必要ですのでお電話にてご予約をお願いいたします。

 

治療に伴うリスク

矯正装置除去後に後戻りすることがあります。保定装置を決められた期間確実に装着することなど、定期的検診が必要です。一次的に知覚過敏が起こることがあります。